松井医院
 
ホーム お問い合わせ 診療内容 アクセス 料金 リンク ニュース ポリシー
ホーム
部分痩せ
バスト
皮膚
その他
アクセス
東京都港区西新橋
3−9−3
内山ビル 5F
松井医院
03-3433-0603


フォトRF(オーロラ、e-light)

CO2レーザー

半導体レーザー


Qスイッチルビーレーザー



  しみ、母斑等の皮膚レーザー照射療法です。



 Qスイッチルビーレーザー
 


 Qスイッチルビーレーザーは、短いパルスルビーレーザーを照射する医療です。気になるしみやそばかす、母斑などの改善に効果を発揮します。



術前にお化粧を落す必要があります。

希望により塗る麻酔を塗布します。

色素斑の状態を診ながら照射します。

術後処置を施します。


かさぶたが生じ、約1週間後にかさぶたが剥落して効果が発現します。

複数回の通院を要する場合もあります。





※妊娠している方は施行出来ません。
※使用する外用剤などでアレルギーを起こす方は施行できません。







Qスイッチルビーレーザーによる色素斑治療。

 Qスイッチルビーレーザーの694nmの波長には、色素斑にあるメラニンを効率的に焼灼してカヒ化する効果があります。

 太田母斑、両側性真皮メラノーシス(ABNMMs)、異所性蒙古斑、扁平母斑、外傷性色素沈着には保険適応があります。

 日光性色素斑、老人性角化症等は自費診療となります。

 症例:日光性色素斑
 before

 after





保険診療 法令による


自費診療 \1,080/粒

 ※診察料 \3,240別途


 ※瞼はご相談ください。









Qスイッチルビーレーザー


スペック

波長694nm、Qスイッチ

適応:太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、外傷性色素沈着、両側性真皮メラノーシス(ABNMMs)、日光性色素斑、老人性角化症、刺青(黒、紺)等

ピックアップ レーザー フォトRF  RF専用機
 表皮色素斑      ◎      ◎      ×
 真皮色素斑      ◎      ○      ×
 テクスチャー      ○      ○      ◎





The Ruby nano-Qの優位点

 当院ではQスイッチルビーレーザーとしてThe Ruby nano-Qを導入しています。本機ではカライドスコープを使用しておりトップハット型の均一な照射が可能です。これにより治療したときにできる照射部の創面が平坦となり、エネルギーが強いところと弱いところでつく差を縮められ、治癒をより早めて炎症を軽減できます。

 The Ruby nano-Qと他機の比較




         


 松井医院 03−3433−0603







        Copyright(C) 2012 Matsui Clinic All Rights Reserved.



foot