乳房スカルプトラ注入法






自身の細胞や組織の生成を促す医療による乳房形成です。



乳房スカルプトラ注入法

 スカルプトラ注入法は、PLAを乳房に注入して、自分自身の結合組織を増やすタイプの乳房増大法です。手術ではないため、切開も縫合も必要ありません。

 スカルプトラはポリ乳酸(PLA)製剤です。元々、脂肪組織萎縮症に対する治療法としてヨーロッパで20年以上の使用実績があり、アメリカ合衆国食品医薬品局(FDA)でも認可されている安全性の確立された医薬品で、注射後5日程度で水と二酸化炭素に分解されて体内には残りませんが、注射部位に結合組織等を生成させる働きがあります。

 ポリ乳酸は手術用の縫合糸としてや、皮下組織を増生させたり骨を接合するための医療材料として広く用いられている素材です。

 豊胸の実現には乳房の内部構成要素である乳腺、脂肪、結合組織のいずれかを増やす必要がありますが、スカルプトラを注入した場合、この内の主に結合組織を増やすことができ、次いで出来上がった結合組織を足場として各種細胞成分も増生します。




初診時に、注入量とデザインを決定します。

術当日、鎮痛剤を注射後、局所麻酔を行います。希望により迷妄麻酔等を加えます。

皮下注射により、PLAであるスカルプトラを乳房の乳腺下などに注入してボリュームを増大させ、形を整えます。

1回に片方45〜60cc注入します。(増量も可能です。)

注入部位で、徐々にご自身の結合組織が生成します。

2回以上を目安に、1カ月おきに注入を繰り返します。

注入後、マッサージを自己施行します。


PLA自体は吸収性のため残存しません。ご自身の結合組織の生成は半年以上続き、さわった感触は自身の乳房そのものの仕上がりとなり、力を加えても変形したままにはなりません。出来上がりは完全に自身の組織によるものです。

仕上がりは、ご自身の組織生成の程度によります。

本法では、1回目の注入で結合組織の「土台」が形成され、その上に更に結合組織の増生を重ねて行くことになる場合が多く、特に2回目の注入後からボリューム増大効果が実感出来るケースが多いようです。(1回目も効果は見られます。)したがって、2回以上繰り返して施行します。

単純な豊胸だけでなく、乳房形状タイプを変える乳房形成も適応です。

術後の栄養指導として、タンパク質とビタミンC等の摂取を薦めています。





※使用する薬剤でアレルギーを起こす方は施行できません。





乳房 スカルプトラ注入法

                       \216,000/45+45cc
                       \270,000/60+60cc

 made in Italy





豊胸の医学


 乳房(にゅうぼう)の構成要素は、乳腺組織を主として、ほかに脂肪、結合組織があります。また、直下の大胸筋も胸部のスタイルに深く関わっています。内分泌的にいうと、女性ホルモンによって乳腺の乳管が増殖すると同時に脂肪と結合組織も増え、乳房は発達します。
 よって、豊胸は、乳腺組織、結合組織、脂肪のいずれかを増やすことか、これらの代わりに人工物を入れることで実現します。

 また、豊胸には大きく分けて二種類ありますが、ひとつは形状のタイプを変えずに内容量を増やす単純な豊胸で、二つ目は乳房間が離れている場合やデコルテ部が広い場合に乳腺組織の無い部分も増大させて乳房の形を変える乳房形成です。

 スカルプトラでも単純な豊胸の方が簡便に施行できますが、乳房の形状タイプを変えたい場合は難易度の高い乳房形成を行っています。

 松井医院では、乳がん等の外科手術で培った知見と婦人科学で培った内分泌的アプローチをあわせて、医学的な豊胸を実現します。









©2008 Matsui Clinic All Rights Reserved.